Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>


Links
Categories
Selected Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives


893なq兵衛
Profile
Others


ブログのレンタルサービス JUGEM

Qの目

超スローペース更新Qのひとりごと
<< ポポー | main | 2009年イカリソウシーズンスタート! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2008年のイカリソウ速報!

おおっと!いきなりの衝撃見出しです。
さすが東スポ、一面見出しに賭ける執念が違う!

と言うわけで、今年もイカリソウの季節が近づいてきました。
NHK趣味の園芸4月号にも、豪華執筆陣による集中特集が組まれています。(うそつき!)
わが家のちっちゃながるてんでも、あちらこちらで芽だしが始まり、蕾も持ち上がってきました。
この冬は、気象予報に反して冬の寒さが長引いた後一気に気温があがったため、例年なら時期をずらして順番に上がり始める中国原産の品種と同時に、交配種や日本のイカリソウも蕾をあげ始めています。

E.pubescense「天の川」
今年の開花レース、一番人気はやはりE.pubescense「天の川」のようです。
白い花弁がすでにほころび始めています。

2番手の予想は非常に難しいです。いつもの年ならば、庭の奥に地植えした、E.×cantabrigienseのはずですが、
×cantabrigiense

このところの暖かさでE.×versicolor「スルフレウム」もぐんぐんと持ち上がってきています。現在の蕾の様子はこんなふう。どちらが先に開花するのかな?
スルフレウム

以下、続々と開花の準備が進んでいます。
小輪源平
この蕾は、無銘の源平咲き。Qべえの結構お気に入り。
E. leptorrhizum 「桃冠」、中国交配種の「黄梅」、「群雀」、日本のイカリソウも「紅時雨」、「紅炎」と続きそうです。この調子でいくと、普通なら開花時期が合わなくて交配できないもの同士の花粉つけができるかも?
開花する前に既に種のところに頭がぶっ飛んで、なんだかすごくワクワクしている今日この頃です。

しかし・・・
ふと気づけば、前に更新したのは2006年の秋、うーむ、いくらなんでもサボりすぎ。イカリソウの鉢もアホほど増えたことだし、この世界的イカリソウブームに乗ってこまめに更新してみようかな?
| 2008年 | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:52 | - | - |









http://garten.jugem.cc/trackback/762