Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


Links
Categories
Selected Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives


893なq兵衛
Profile
Others


ブログのレンタルサービス JUGEM

Qの目

超スローペース更新Qのひとりごと
<< 還元 | main | 2008年のイカリソウ速報! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ポポー


めったとお目にかかれないのだけれど、Qにとっては懐かしい思い出の味。
子どものころ、近くに住んでいたおばの家のおとなりさんに大きな木があって、秋になると不思議な実のおすそ分けにあずかることができた。
ポポーという木なのだということはそのころから知っていたが、こんなに美味しいものなのにお店に出回ることもないし、ちょっと不思議だった。
口が開く前のアケビのような形の果実は、熟すと非常に強く香る。事前の果物とは思えないような甘いにおいだ。やわらかい果肉は他にたとえようも無いおいしさで、Qはすごく好きだった。チューインガムのような、と表現をした花屋のカタログがあったが、もっともっと扇情的で、人の脳の奥底まで届くような甘い香りだと思う。熟さないと美味しくないし、熟したそばから傷むので、こんなに美味しい果物なのに市場では流通できないのだろう。
そういえばいつだったか、つぶらと金剛山に出かけたとき、ロープウェイの駅でこのポポーの実を配っていて、でもそんな見たことも無い果実にはだれも手をださず、それならラッキーといっぱいもらってきたことがあったけ。
今日は明日香の農産直売所でつぶらが見つけて買ってきてくれた。
たった80円の、いちばんの秋の味覚。
| 2006年 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:37 | - | - |









http://garten.jugem.cc/trackback/761