Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


Links
Categories
Selected Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Archives


893なq兵衛
Profile
Others


ブログのレンタルサービス JUGEM

Qの目

超スローペース更新Qのひとりごと
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
森のくいだおれ人形

zzz・・・。
このくそ寒いのんに道端で寝てるのはいったいどこのどなたはんでっか?
あら、あんた、どっかで見た顔やな。
う〜ん、あ、せやせや。もしかしてあんた、道頓堀でいっつも太鼓たたいてるおっちゃんとちゃいまんのか?
こんなとこでなにしてまんねんな。今日はえろうさぶいし、うっかりしとったら風邪ひきまっせ。
ようみたら服のすそもやぶけとるし、気ぃつけなあきまへんで。ちかごろ、このへんもなにかとぶっそうになってますのや。
勝手に仕事場ほってこないなとこで油売っとったら、社長におこられるんちゃいまんのか。
ところでおっちゃん、せっかくここでおうたんや。記念に写真1枚とらしてもろてもええやろ?
ええでっか、ほなら一発いきまっせ。、パチリ。
えろうおおきに。
| 2002年 | 09:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
桃尻

仕事場のそばのお寺の前を通り過ぎようとして、何気なく駐車場に目をやった瞬間に異様な物体が視野に飛び込んできた。おもわずハンドルを切ってしまったボクを、神様どうか許してください。そこにあったもの、それは、巨大で雅で美味しそうなな桃尻、いや、桃が乗った山車であった。「???なにゆえこんなものがここに?」
このお寺は法楽寺、大和盆地のちょうど中心部にある小さなお堂で、古事記や日本書紀の記述から、あの桃電、もとい桃太郎伝説発祥の地と言われているのだそうだ。
さて、この山車が曳きまわされるお祭りって、もしかしたらコスプレ祭りなんだろうか?ボンビー!
| 2002年 | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
大和のくにの夕暮れ

奈良盆地のちょうど真中あたりを走りながら、ふと窓の外に見える夕陽に目がとまった。
暮れ行く西の地平に黒く沈むシルエットは悲しい言い伝えの二上山。
美しいこの大和の国は、国産みの昔から永い歴史をいつも、今日のこの夕陽のように人々の血で真っ赤に染めてきた。
「神の国」は「罪深い国」だ。
| 2002年 | 09:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
かなわない

京都府立植物園に、実に久しぶりに出かけた。
広い園地の周囲をぐるっとまわった。
大きな1本の、優美な枝振りと鮮緑の葉が印象的な樹があった。
ふうの樹。
茂る緑の向こうにあるお日様と深い空の色。
人がいくら技巧を凝らしても、たった一本の樹の造詣にすらとどくことはできない。
どんな写真も、絵も、それを自然の中から切り取ろうとするけれど、本物の方が1億倍もすばらしい。
| 2002年 | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
いぬとぶら

側から見ればいろいろご意見もあろうとは思うが、とりあえずこれはデート、である。
若い男女のツーショット、なのである。
ビジンのヨ@ミちゃんといっしょで、とっても、とってもウレシイな。ボク。
お顔がわらっちゃうよ。
| 2002年 | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
てすと

てててすてすてす
| 2002年 | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) |